更新日 
ロゴマーク      デントリペアセルフコーティング断熱カーフィルム車種別カット済みカーフィルムプロの洗車 透明断熱フィルム住宅用 飛び石のヒビ割れ修理磨けば光るプロのコーティング  
プロのボディーコーティングとは                        会社概要 地図 施工価格 お問い合わせ 
トップ

コーティング
  ・ガラスコーティング
  ・フッ素コーティング
  ・セルフコーティング
  ・プロ用ケミカル案内
  ・プロのコーティングとは
  ・洗車テクニック
  ・TOTOハイドロテクト

フィルム
  ・カーフィルム
  ・防犯フィルム
  ・住宅用(透明断熱フィルム)
  
・曇り止めスッキリフィルム

デント
  ・塗装しないでヘコミを修理

ウインド修理
  ・プロにお任せのヒビ修理
  ・セルフでヒビ修理を

  
・ガラスクリーニング

ラッピング
  ・ペイントプロテクター
  ・ロゴ・切り文字看板
  ・A4 ・A3お徳用ステッカー
  ・カーボン調シート

ルークリ
  ・車内丸ごとクリーニング


問い合わせ
  ・フォーム
  ・メール
  ・車種別施工価格表

営業日カレンダー
日曜・祭日定休日
営業時間AM9:00-PM8:00
車言いたい放題 怒っちゃやーよ
汚れない・曇らない・スッキリフィルム
ネットショップへ
透明断熱エコフィルムへ

お店はこちらへ
アルフォリアへの道


展示会
インテック大阪ブース
展示会
東京ビックサイトブース
展示会
名古屋メッセブース
展示会
幕張メッセブース


アルフォリア・ジャパン
株式会社
東京都板橋区南常盤台
2-22-9
TEL03-5995-8971
FAX03-3958-8970

Mail こちらへ

会社概要

車のコーティングも数多くの種類が出回っていますが、状況に合わせたコーティング剤をチョイスする必要があります。うたい文句に惑わされないように注意して下さい。
自動車メンテ最新情報
最近のコーティング
いゃー!最近のコーティングは殆どが、ガラス系のコーティングになってきましたネェー。
しかし、このガラスボディーコーティングも沢山の種類があり、何が何だか判らない状況ではあります。
そんな中でも、色々とテストを繰り返して一番良いコーティングを行なっておりますが、一つ言える事はコーティング膜は非常に薄いものですから、きちんと施工するにはそれなりの経験と設備が必要になると思います。
結論として、誤魔化しが効かなく、下地処理技術が寄り一層大変なコーティングと言えます。
コーティング施工料金も色々ですが、安ければいいと言うものでも有りません。一般的な商品に関しては、同じものなら安いにこした事は有りませんが、施工技術に関しては定価も有りませんし評価も色々です。
例えば板金塗装等の場合も同様ですが、再塗装が全く分からない仕上げから、凸凹だったり、色が合っていない仕上げもあります。板金塗装屋さんも技術・設備・価格等で仕上がりが大きく変わることも有ります。

※豆知識
自動車屋さんやディーラーは、板金塗装を下請けに出すのが殆どですが、実は、『車種、年式、程度、予算、仕上がり』等に由って外注先を選ぶことが有ります。
例えば、商用車や古い車はあっちへ、新しい場合や高級車はこっちへ、等に振り分けます。



無機質のガラスコーティング剤
paint saverコーティングの原液参考に・・・
これが【paint saver】ガラスボディーコーティングの原液
日の当たらない涼しい処に保管の為、茶瓶に入っています。
見えにくいですが、全く無色透明です。
出荷時は下のラベルが貼り付けられます。
(施工は技術が必要な為プロ又は挑戦者に販売)販売開始
使用中の液は、余っても利用できない為に無くなるまでホイールにスプレーします。
(この理由でホイールコーティングはサービスですが、言い方を代えるとコーティング剤をホイールに捨てているようですネ。)

※paint saverガラスボディーコーティングの施工の詳細とご依頼は、こちらです。

自信の有る方でセルフコーティングをお考えの方は、こちらのセットを用意しています。
(プロの方のお試し用にもお勧めです)

報 告
2004年9月15日、ペイントシーラントCPCの輸入・販売会社が訴えられて1.000万円の賠償金と広告表現の使用禁止が命じられました。
5年保証と謳っていたディーラーさん!今後どうするのですか。だから「イワンコッチャ無い」!私のいい続けていた事がみとめられたようなもんでワ。どうやら。訴えを起こしたのは国内の某大手WAX会社(W社)のようです。
裁判は、お金と手間が掛かりますからネ。ありがとうございました。当然のことながら控訴するようですが、暫らく成行きを見守る事に致します。

上記の事からペイントシーラントCPCを中止しているディーラーが多くなりました。暫らくようすを見るディーラーが多くなったせいか、急にディーラーからの質問や依頼が増えましたが、困った時だけ下請けに出すようなディーラーは、私は相手にしません。コーティングは専門店に直接依頼するのが一番です。(ディーラーでは殆ど下請け業者ですけどネ)

追伸:現在この裁判取りあえずCPCが勝訴しましたが、W社が控訴するようです。
    (裁判は、時間がかかりますネ。取り合えず私のコーティングに専念しますか!)

コーティングプロの独り言
ボディーコーティングには数え切れないほどの種類があります。
一般的にはポリマー加工と呼ばれていて、液剤は一般用と、プロ専用とに分かれて販売されています。
分類は、一般用としては施工性簡単重視で作られています。
プロ用は耐久性重視で作られています。しかし両方ともコーティングとは呼べないような最悪な液剤もありますので注意が必要です。また同等な液剤を使用しても、下処理や技術によって大きく差が出てしまうものです。(光沢や持続性)       
ポリマー施工店業界で使用している道具の一つにポリッシャーがありますが、ポリッシャーにもたくさんの種類があるのですが、どの道具を使用しても肝心なのは施工者の技術であって道具ではありません。                         
現実に同様のポリッシャーを使用して塗装面を研磨又はコーティングをした場合でも経験技術によって仕上がりが変わってしまいます。                    
施工場所の環境も、とても大切です。一般販売品のWAXの説明書にも書いてあるように、ボディーの熱いときや風の吹く日は避けるとあります。 
愛車を大切に扱ってくれるコーティング屋さんの最低条件として、例えば、風が吹き込まない店か、湿度、温度コントロールが出来ているか、塗装面の傷が見やすい設備か、塗装に関しての知識を持っているか、等が挙げられます。

さーん・勘違いをしていませんか !
新しいコーティング剤をnetや通販で見つけては、自分の車に塗りつけて、「今までの・・・より優れている」なぁーんて納得していませんか!
  • しかも、以前のコーティング剤やメンテナンス品を使用してからまだ数ヶ月しかたっていないのに新しいコーティングを塗っていませんか!
  • 最低でも1年以上は、経過しないと結果なんてわからないのに、うたい文句に騙されて、暇を見ては、コーティングをして自己満足していませんか!
  • テストする時は、まったく違う車か、以前のコーティングを完全に除去してから、行なわないとそのコーティングの結果が出ません。
  • 個人サイトに良く見かける【・・・・コーティングの結果】等を見て『わースゴイ使って見ようか』等と簡単に決めていませんか!

結論!、いろいろなコーティングを塗りつけているのでどのコーティングいいのかわからなくなっているケースが多いいのです。(コーティングの施工店でも結構勘違いしていますヨ)
以前のコーティングを落として加工したつもりでも、染み込んでいるコーティングもありますので完全除去は出来ないケースがあります。
個人サイトで良く見かける、「結果がいいので又施工したいと思います」や「結果をお知らせいたします」等がありますが、一度のコーティングで1年後とか2年後の結果の出ている個人サイトなんて見かけませんヨネー。
ソコソコのコーティング剤だって、初期の結果は月日のたったコーティング剤より結果はいいのは当たり前、【そんな結果をHPに載せて自己満足している貴方!もー少し長期間の結果をレポートして下さいネ】


コーティング剤メーカーも同様です。テスト結果を見てから販売していたのでは、商売にならないのです。
販売してから結果を見ていくケースが殆どです。何より証拠には、数ヶ月でNewタイプが販売されてしまうのです。
販売者は、いかにも自社でのテスト結果のように謳っていますが、殆どはろくなテストもせずにメーカーの受け売りで販売しています。

コーティング屋さんも色々な店があります。・・・・
台の車を4〜5人位で短時間で仕上げてしまう。
仕上がりにむらが出てしまうし責任が無くなる『チョット奇麗にするには安いかも』
風が吹いている日でも外で施工する店や、出張専門の業者!
(砂埃でバフ目をつけてしまう確立が高い、良い仕事は環境からです)
施工後1年毎にメンテナンスの入庫を条件にする、一見親切な店!
(実は有料のコーティング剤を塗る事が多く有ります。)
新車加工時に『保証書』を発行する店!
(コーティングとは関係のない保証内容が殆どです。各カーディーラーの場合。)

ごまかされてる保証書の内容・・・・
(各カーディーラーの場合、新車から5年保証だって?フン・・・!)
                   コーティング名(ペ○ン○シ○ラ○ト) (5y○ー○コート)

保証の範囲
保証期間中に明らかに光沢が劣化した場合。

保証の除外
・水洗い以外の洗車
・専用メンテナンス液以外を使用した場合
・年一回の定期点検を受けなかった場合。


上記の保証内容ではコーティングを保証しているとはいえません。『保証部分があいまいです。』
なぜなら「明らかに光沢が劣化した」などと書いてあるが、コーティングの保証は何処にも書いていなく塗装の保証をしているのです。しかし新車から5年間程度では、年に1回位の手入れをしていれば塗装が劣化する何てことは現在の車ではありません。
(一般的な使用方法で光沢が劣化するような塗装では、メーカークレームの範囲になってしまいます。)
実例として新車から2年経過したした車にこのコーティングを施工した場合の保証は、3年です。3年経過した車は2年の保証です。コーティングを保証するなら5年でもいいはずですが、
チョット変だと思いませんか!
何年経過していても新車から5年の保証なのです。新車時にコーティングをした場合のみ5年保証なら意味は分かるような気がするが、新車から3年経過した車に施工した場合に2年保証、ということは4年経過した車は1年保証となり、その事から、コーティングをしなかった車も5年保証となるわけです。
要するに結論として、仮にこのディーラーのコーティングをしなくてもこの程度の保証なら5年間は大丈夫なのです


ズバリ言うと『インチキ』です!現にカーディーラーで施工している現場の担当者や営業マンの話でも、「会社の方針なので仕方がない」と、こぼしているのが現状です。
要するに定期的に入庫させてユーザーを逃がさない事と、雑収入が目的なのです。
ユーザーは、我々の話よりも、カーディーラーを信用する傾向にあります。
実はカーディーラーで手におえなくなったトラブル車は、殆ど我々外注業者に回ってくるのです。
(殆どのベテランプロは同様の考えです!)
おまけにもぉ一つ!このコーティングをすると水洗いだけでOKと言いながら、汚れが落ちない時は、専用クリーナーを使用するようにとメンテナンス液が付いてくる。実はこのクリーナー、中身はコーティング剤と殆ど同様でちょっと薄めた製品なのです。もぉーわかったでしょー、自分でコーティングしているわけです。手入れが面倒だからコーティングしたのにぃー。

実証済
私どもでは、この製品に対しても、すでに数年間のテストを繰り返しておりその結果としてここに書いています。
業界のプロは常に良い物を求めて何種類ものコーティング液をテストしています。
それにもかかわらず、この製品を使用するプロがいないのは、説明するまでもないのです。
(良いものなら私だって使用しますよ)
カーディーラーも早く気が付いて外注業者に任せれば我々も儲かるのになぁー
えっ、「人が余っているのでそう言う訳にもいかない」って、んー・・・・・・・。

ディーラーが導入しているわけ
・保証条件に年1回の点検とあるが実は、入庫させるための手段(コーティングの点検のみで入庫する車は、皆無であり何かプラスαがあるものだ)
・各ディーラのリストラも多くあり、事実、人あまりの状況にあるので少しでも仕事を増やすため。
・新車注文の中にオプションとして、契約するのでユーザーは、ついつい、「はい」と契約してしまう。 
新車のオプションにコーティングをセットしてしまうとその分税金も高くなってしまうんですヨ !


仮に、このディラーの保証内容と同様にした場合は、私の施工するフッ素グラスコートは10年間保証と書いてもいいぐらいです。エッヘン凄いでしょう。    現実に10年以上経過した沢山の車がピカピカで毎年メンテナンスに入庫しています。


ディーラーのずるいコーティング
近年自動車メーカーでは、高品質の塗装車を多く出して来ています。
例えば、フッ素樹脂塗装などがありますが、この塗装は、完全硬化すると洗車機等では傷がつく事はないくらいに硬くなります。傷か付くのは表面の、まだ柔かい時期で、新車から約半年程度です。
表面のクリア層が、フッ素樹脂塗装で厚みも30ミクロン前後あります。
現在塗装する以外のコーティングで、このフッ素樹脂塗装以上のものは極僅かしかありません。
ディーラーでは、このフッ素樹脂塗装の車であっても従来のコーティングを勧めています。でもディーラーでもこの事は知らずにコーティングしているのです。こんな知識のないカーディーラーに何処までおまかせしますか?
結論は、元の塗装より性能の落ちるものをコーティングしても意味がないのです。又、この塗装は汚れにも強いのでコーティングをしても定着しないのです。ディーラー好きな貴方、一度からかってみたらいかが。・・・・・あーっあまたディーラーからお叱りがくるのかなぁー

もぉすでに15年以上も使い続けている信頼のコーティング
過去も現在も沢山のコーティング剤のテストを繰り返しておりますが、コーティングの仕事をしている限り何かを使用していかねばならないのです。新しいものは直ぐに仕事用として使用するわけにも行かず、すでに20年以上(厳密には25年)も使用しているのが「フッ素グラスコーティング」なのです。
1年以上経過して性能的にOKな製品は、併用してコーティングをしています。しかし、結局今のところ基本のコーティング剤として、コーティング依頼のほとんどの車に使用していて、お客様からも信頼を得ています。
自分でやりたい人
「暇だから、自分の車くらい自分で手入れをするよ!」と言う方には、プロの使用するこのフッ素グラスコーティング剤をお譲りいたします。

しかし、これとて何もしないで5年間も持続するというものではありませんが、最低でも1年に一回、または暇なときにメンテナンスに使用している間はいつまでも綺麗なボディーで、塗装の保護が出来ます。
しつこい汚れ、つやが無い、小傷が多い等のボディーにも使用でき、こうした車は見違えるほど綺麗になります。
プロ用ですがポリッシャーを使用しなくてもコーティング、メンテナンスが出来ます。
このコーティングの明細はココをクリックして下さい。

プロに任せるなら最新のコーティングはいかがですか! ニュー価格は高くても、もっと良いのないのぉー
ありますが!価格も時間も1.7倍程度かかります。5年以上は「楽々のメンテナンスフリー」です。(長期的に見ればお得です)
これは他店では、半永久的半や10年保証としているものですが、10年経過した実車が現実には無い事と、条件に拠っては異なる事も有り得ると考え、弊社では「5年程度はOK」としています。施工をお考えの方は
ガラスボディーコートPaint Saver
弊社では開発から施工まで自信をもってお届けしています。
※違法改造車への施工やリペアはお断りしております。

カーボンフィルム
凹凸のマットタイプ
切り売りコーナーも有ります。


iPhone
iPhone5 オーダーカバー

コーティングやフィルム施工時にご注文の際は特別500円で作ります。


ALLFOLIA JAPAN CO;LTD 2-22-9minamitokiwadai itabasiku tokyo TEL03-5995-8971 FAX03-3958-8970
ト ッ プ ペ ー ジ  ペイントプロテクター  ウ イ ン ド リ ペ アー ガラスボディーコーティング フッ素グラスコート デントリペアー ルームクリーニング ハ イ ド ロ テ ク ト カ ー フ ィ ル ム アルフォリアへの道 コーティングプロの独り言 住宅透明断熱フィルム 高 性 能 消 臭 剤 プロ用ケミカル特販 ガラスクリーニング 切り文字看板 弊社への地図